お酒好きの人や、夜のバイトを望んでいる人には、バーテンダーといったアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)もあるでしょう。しかし、店舗にも左右されるでしょうが、バーテンダーの仕事をはじめから出来るとは限らないのです。一般的にバーテンダーを置かれているのはカクテルバーが多いのですが、中にはちょっとお洒落なスナックやレストラン、カフェバーと言うお店の場合もあるみたいです。或は、クラブと言う事もあるのです。実は、その店の特色によってはバーテンダーと言ったアルバイトには天と地の差があるみたいです。バーテンダーは一般的にシェイカーを振ってカクテルを作るのが仕事だからといって、その仕事は頻繁に言われているプロの経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)と腕を必要とする分野です。ですから、本格的にカフェバーの場合、新人がすぐにバーテンダーとしてお酒を作れると言うことはまずないでしょう。ましてや、アルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)の場合だったら、フロアスタッフとしての仕事しかさせてもらえない覚悟が必要だと思います。ただ、スナックやレストラン(元々はフランス語で、食事を提供している店舗をいいます)の場合には、数種類のカクテルメニュー(フランス料理では定食を意味することもあるのだか)を覚えさせられて、すぐにお酒を作らせて貰えるということもあります。だからといって、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が接客対応するクラブみたいな所では、バイト料は女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)ホステスに比べると雲泥の差があると言われていますし、立場的にも雑用係みたいに扱われることもありますね。クラブやレストラン(元々はフランス語で、食事を提供している店舗をいいます)のように、閉店時間がきっちり決定している店舗なら就業時間もあるていど規則正しいといわれているのです。でも、バーやスナックのようなお店は、基本的にお客さんが居る限り営業を続けるので、場合によっては残業で朝までと言うこともあります言う事もありますから、そのような覚悟も必要になってくるのですー